みつい歯科クリニックの特徴

やり直しがない治療

拡大鏡を使用した治療 

拡大鏡を使用した治療当院では、保険診療・自費診療に関わらず、カールツァイス製の拡大鏡を使用して治療を行っています。

従来の根管治療では医師の腕と勘を頼りに治療が行われていたため、根管内部の洗浄が不十分なことによって再治療となってしまうケースが数多くありました。そのため当院では、再治療の必要がないよう、肉眼では見えない細かな部分まではっきりと確認することができる拡大鏡を使用した治療を行っています。これにより、再治療のリスクを減らし、患者様の精神的ストレスも軽減することができます。

再治療を減らすために

むし歯や歯周病といった病気は菌が原因のため、根管治療や治療後のケアが不十分だと再発し、再治療が必要になります。当院では、ご来院された患者様が再治療になってしまわないよう、拡大鏡を使用して1本ずつ丁寧に治療を行うことで再治療のリスクを減らしています。

抜歯が必要になる歯の9割以上は神経を除去した歯です。治療において神経を取るということは、抜歯への近道ということになってしまいます。痛みがひどい場合は神経を取り除くこともありますが、大事な歯を維持するための神経を可能な限り残せる治療を心がけております。また、治療も大切ですが、むし歯や歯周病は予防が可能なため、当院では予防歯科に重点をおき、患者様の今と未来を見据えた治療を行っております。

セレックによるセラミック治療

セレックによるセラミック治療みつい歯科クリニックでは、セラミックの修復物をコンピューター制御で作製する「CEREC(セレック)」を導入しており、その日のうちにセラミックの修復治療を完了させる「セレック治療」を行うことが可能です。

セレック治療では、ご来院いただく期間を大幅に短縮することができるため、患部が菌にさらされる期間を短縮でき、二次カリエスのリスクを抑えて治療を完了させることが可能です。また、セラミックを使用することで、金属アレルギーのリスクがなく、金属のように錆びや腐食もなく、プラスチックのような変色もないため、審美的に非常に美しい仕上がりになります。

※セレック治療は、事前の予約、事前準備、患者様の治療時間の確保ができる場合にのみ行うことが可能です。

安全面に配慮した衛生管理と感染防止 

安全面に配慮した衛生管理と感染防止衛生管理が不十分な歯科医院には誰も行きたくないはずです。当院では、院内感染予防のため、極力使い捨て器具を使用し、使い捨てができない器具は、1回の治療ごとに必ず滅菌・消毒を行っています。ご希望の方にはディスポーザブル製品【注:右図②】(100円)のご用意もありますので、お気軽にお申し付けください。

また、歯科医院が怖いと感じている方にも安心してご利用いただけるよう、院内の様子が分かりやすいようガラス張りにし、待合室も明るく開放的な雰囲気にしております。院内は全て土足ですので、ベビーカーや車椅子の方もそのままお入りいただけます。

コミュニケーション重視の丁寧な説明

コミュニケーション重視の丁寧な説明当院では、治療前後の説明を通じて、患者様ご自身に治療への理解を深めていただくことを重視しています。各診療台ごとにCCDカメラと大型モニターを完備し、画像を使って丁寧に分かりやすくご説明するよう努めております。患者様に現在のお口の状況や治療方針をご理解・ご納得いただくことで、安心して治療に挑んでいただけるのはもちろん、それが治療後の患者様の主体的な口腔ケアへと繋がります。